×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SCENE.2
層雲峡
2日目
雲が多いけど雨は降っていないので一安心

山が多いこの地域は天候が不安定なのかもしれない
ホテルの全景
左は洋館風新館、右は日本宿的雰囲気の本館となっており、
渓谷のホテルだけあってフロアが異なっていました

観光バスが慌しい朝でもありました
(ガイドさんドカジャン着てるよ。さむそー)


2日目
まずは車で5分も走ると到着する、流星の滝、銀河の滝を見に行きます
  観光MAP


ベストポジションは生い茂る木の葉が邪魔で
ダイナミックさに欠けてました


こちらのベストポジションは見事


2つの滝が両方見れる双瀑台に登ってみます
(徒歩15分~20分でほとんど階段だけど・・)
おお!! すばらしい!!
登ってきた甲斐がありました

一足早い紅葉がもしかすると見れるかと思ったのですが、このあたりではまだ早かった模様
層雲峡ロープウェイを登っていけば紅葉がみれたようです。

そういえばこの9/20は15時位に初雪が観測されました。黒岳山頂付近では紅葉と雪の美しいコントラストがみることができたようです

 黒岳ロープウェイのHPはこちら

R39 ~ 道道140 ~ 旭山動物園
層雲峡を後にし、
次の目的地である旭山動物園へ向かいます。

R39から道道140に入ると天気も良くなり、交通量が少なく、気持ちのいいストレートが続きます。
青い空、白い雲、他の車が見えない交通量
いつまででも走っていたい(無理だろ・・・orz)
美ヶ原高原の王ヶ頭電波塔を思わせる(?)1カット

もうすぐ旭山だ。
この交差点を過ぎるとすぐに駐車場です。
正門前、連休の谷間の平日の初日なんですが、
結構混んでいます。

観光バスもたくさんとまっていたし・・・
独特の入園券

いろいろな絵柄が楽しめます。
山の斜面を利用した奥行きのあるメインストリート。
動物園の案内図。
結構広いですねぇ~

片っ端からまわってみましょう
旭山動物園といえば動物本来の生活が見られるように工夫されているので、本当に楽しかった。動物以外にもあんなものこんなものまで茶目っ気たっぷり

またミニ遊園地も併設されていて、特に観覧車からの眺めは抜群
子供が喜ぶ豆汽車も設置されていて、大満足のれいれい

 旭山動物園のHPはこちら

新種のアザラシ発見!?
たくさん遊んで気づけば13時半
おなかが空いたので混んでいる動物園で食べるより、
市内の有名どころに移動


あさひかわラーメン村 ~ R12 ~ 道央自動車道 
時計も14時近く。遅いお昼は動物園から15分位走って
あさひかわラーメン村にやってきました
どの店も結構込み合ってました。
こだわりを捨てて比較的空いていた「さいじょう」に決定。

(何処がうまいか調べてないのでこだわりなかったというのが正解
 それにラーメンの味比べはまだ良くわからなかったりして・・・)
伝説の塩ラーメン!! 
旭川第2回ラーメン大賞 塩部門第1位

よーしこれに決定w
お待たせしました 伝説の塩ラーメンでございます

餃子も焼きあがりました

ご飯を食べた後は、ここから小樽へ移動かなり鬼的な移動距離
滝川~美唄間の日本一長い直線道路を走りたいのでR12をひたすら南へ

旭川市街を抜けて、しばらく走るとこんな直線の連続
深川あたりになると、市街地っぽい
ここを通過すると、日本一長い直線道路までもうすぐ
黄金町東あたりの田園地帯
収穫がすんだ後だけど地平線まで見える景色に感激

この先のR38との交差点から日本一長い直線道路(距離29.2km)に突入なのですが、
市街地、もしくはそれに準じたところばかりで、交通量よりも信号の多さに愕然。

気持ちよく走れずじまいなので、R12を早々に切り上げ、
高速で一気にショートカットしました。
札幌も一気に通過
17時を過ぎると暗くなるのも早いので距離を稼ぎたい。
小樽のホテル到着は18時位。
高速に乗ってからも1時間強はかかりました。

動物園が期待通りに面白かったのと、れいれい向けのイベントして据えていたので時間をかけて見て回りました
旭川から小樽へは結構な長距離(高速を最初から使えばビシッと2時間半程度ですが・・・)なのでR12を堪能したいと思わない限りは高速のほうが無難です
(まあ旭川か十勝岳あたりでもう1泊のほうが賢い選択かも)

小樽散策はこの日の夜と明日にかけて行っています。詳しくは次のSCENE.




SCENE.3へ


デジカメハ真日記のトップへ

@2005-2008 Copylight サエグサ All rights reserved.