×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SCENE.2
ふじあざみライン
三国峠のパノラマ台での撮影を終え、時間を見てもまだ6時過ぎ。
今日の夜は花火大会とはいえ、まだまだ時間は十分にあります。
出発時に買っておいたパンとおにぎりで軽く朝食を済ませ、パノラマ台から一番近い富士山5合目へ誘う「ふじあざみライン」へ行くことにしました。



須走口の入り口と言う看板はでかいのだけれども、「ふじあざみライン」の文字は小さな看板。

山中湖川から来ると思わず見落としてしまいました。
ふじあざみラインは、入り口から富士山1合目までは気持ちのいいストレートが続き、1合目を過ぎると左右のつづら折れを繰り返しつつ高度を上げていくというワインディングロードとなる
あの先にみえるコーナーを曲がると
目の間に富士山の勇姿が飛び込んできました!
あざみラインの終点。富士山5合目須走口です。
須走口からの登山客を迎え入れる山荘。

ツーリングが主体だとここで休憩して下山ですね。
でもチョットもったいないので、
登山道入り口までいってみましょう。
富士山登山ルートの案内

時間に余裕があるのなら、小富士までの散策がオススメ(らしいです。)
小富士まで1時間ほどのハイキング。
その小富士から1.5時間ほど進むとに和製グランドキャニオンと呼ばれる光景が待ち受けている。

普段見られない光景だけに、行ってみたかったんですが、この日の装備はトレッキング向けの装備ではなかった(前日会社へ行った服装から車の中でジーンズとシャツので着替えただけ)ので、次回のリベンジとなりました。
須走口駐車場の光景

もの凄い数の車。そのほとんどが登山客の様子。

快晴が続いており、天候も穏やかだから絶好の登山日和なのでしょう。

この日は夜に花火大会が控えていたので、8時過ぎには下山し、R246で帰宅しました。
しかし。。。R246の松田付近から混んでいる事混んでいる事。渋滞ばかりで酷道?と思ってしまいました。
御殿場から厚木までは高速を使ってしまえばよかったかな?



SCENE.1へ


デジカメ写真日記のトップへ
トップページへ

@2005-2008 Copylight サエグサ All rights reserved.