×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SCENE.1
イチゴ狩り ~緑川いちご園~
4月中旬の平日、パパとママはお休みを取って子供と一緒にとお出かけです
天気があまりよくないですが日程の振り替えができないので強行
今日の相棒はママの実家の車
通称“じぃじのくるま”
市川から京葉道路~東金道路と乗り継ぎ、
イチゴ狩りのスポット成東町に到着
今回は緑川いちご園さんにお邪魔しました。

 成東町のご案内はこちら
 緑川いちご園さんのHPはこちら
お土産ショップを兼ねた受付に入場料を払ってハウスへ向かいます。

※駐車場と受付の間には国道がまたがっており、しかも交通量が多いのでわたるのが大変でした (>_<)
入り口でコンデンスミルクと容器をもらいハウスにGO!
おぉ!!いちごがたくさん!!
あきひめ(だったかな?)
でかい!!
かるく7cmはある
こんなに大きくても甘くておいしい
とちおとめ(だと思う・・・)も食べごろでした
紅ほっぺをつむ子供。沢山食べてましたヨ
本人は「イチゴ大好き」でご満悦です

 3種食べた中で一番おいしかった byパパ

※紅ほっぺうんちく※
静岡生まれの大型品種。「さちのか」と「あきひめ」を両親に持つ子どもで両者のいい所を受け継いだ品種。大きなもので1粒120gという大果もできる。決して大味でなく、繊細な味わいが魅力的な品種です。
イチゴの花も咲いてました(はじめてみたかも・・)
制限時間30分ですが、お腹一杯になるまで食べることが出来ました。イチゴ大好きな子供も、摘んでは食べ摘んでは食べ・・ご満悦でした。
農園の人に聞いたのですが、イチゴ狩りは曇りの方が楽だし、イチゴもおいしいそうです。理由は「ハウスの中が涼しいこと」と「イチゴが温まりにくい」の2点。
確かにハウス内の空気を入替えているとはいえ、ハウスの中は外よりも暑い。晴れてたら汗だくに・・・そして温まってしまったイチゴはおいしさの体感半減・・・

言われれば当たり前な事だけど、気づかなかった・・・orz




SCENE.2へ


デジカメ写真日記のトップへ

@2005-2008 Copylight サエグサ All rights reserved.